読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から始める着物のある暮らし

自由に、からだがよろこぶ、着物のくらし

デニム着物のすすめ

着物を始めて一年で、何着か着物が増えました。

リサイクルショップや通販サイトを利用したり、

親戚のおさがりを頂いたり…。

 

中でも一番活躍したのは、デニム着物です。

 

名前の通り、デニム生地でできた着物です。

綿だし、丈夫な生地だから、洗濯機で気兼ねなく洗えます。

どんな帯にもあわせやすく、町を歩いても目立ちにくい(ような気がする)ので、とても重宝しています。

夏が終わって涼しくなってからは、デニム着物ばかり着ています。

(真夏は綿麻のしじら浴衣をよく着ていました)

 

デニム着物は、様々な着物ショップで取り扱いがあるようです。それなりのものは数万円します。

私のは一万円以下の海外縫製のもの。楽天でみつけたお店で通販しました。

縫製は荒いですが、汚しても痛めても惜しくないものが欲しかったので、ちょうどよかったです。

ジーパンのようにステッチが入っていて、アクセントになっています。

 

合わせる帯次第できりっとした雰囲気になりますし、

洋服感覚でタートルネックやニット帽、ブーツと合わせてもかわいいです。

 

 

もし着物を持っていなくて、これからカジュアルな普段着としての着物を始めるなら、

デニム着物を一着だけ買ったらよいと思います。

そして、帯や小物だけ足していけばよいのです。

 

…ただし、一つ注意することが。

 

ひどい色落ちがあるので、買ったばかりの状態では使い物になりません。

着るだけで襟や帯にインディゴカラーが色移りしてしまいます。

色落ちしなくなるまで、洗濯と脱水を3回ほど繰り返す必要がありました。

 

そうした色落ちも、デニムの醍醐味でしょうか。

 

着用して洗濯して、を数回繰り返すうちに少し色味が変わり、生地が柔らかくなってきたように思います。

 

着るたびに、愛着が湧いてきます。