読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から始める着物のある暮らし

自由に、からだがよろこぶ、着物のくらし

着物にうそはつけない

着物を着るという行為には、

着る人の心や体の状態が反映されてしまう。

 

腹や腰が座り、

体の芯がスッと通っており、

柔らかくしなやかな身体であれば、

着物は自然と馴染むようである。

 

しかし、

気持ちがフラフラしていると、

腹も腰も落ち着かず、どうにも上手く着られない。

何度も着なおして、帯を締めなおして、でもしっくりこなくて…。

仕方なくそのまま出かけて、何度も着姿を気にして、あちこち引っ張って直すのである。

 

がっくりしつつも、

着物は自分の鏡のようで面白いと感じ、また着物を好きになる。

 

短い時間でも、毎日着るということに意味がある。