読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から始める着物のある暮らし

自由に、からだがよろこぶ、着物のくらし

足袋と草履の選び方(草履編)

足袋については

「自分の足にあった足型を選ぶ」

ということでした。

私は足幅が小さいので細型より小さなささ型の足袋を購入しました。

 

では、草履はどうしたらよいのでしょう…?

 

ゴム草履を購入した地元の履物屋さんに行ってみました!

 

昔からある家族経営の小さなお店ですが、安いサンダルや草履から、高級品まで揃ってます。

 

高額な商品すすめられたらどうしようーーー 

っと恐れながらも、ちょっとだけ勇気を出して、

どの草履を選べばよいのか聞いてみました。

 

 

草履は基本的にはサイズはなく、

足幅によって台の部分を変える必要はないそうです。

鼻緒を調節するときに、履く人の足に合わせるのだそう。

 

私の履いていた草履はゴム底になっており、鼻緒の調節はできないタイプ。

足にあわせるには、新しく買い足す必要がありました。

 

鼻緒が調節できる草履は合皮製で1万円台からあり、

これより価格の高いものは本革などで、素材の違いだそうです。

下駄だと1万円未満でもあります。

 

 

合皮製の草履を買って、鼻緒を調節してもらいました。

 

足にぴったりつくようになり、歩きやすくなりました。

 

 値段だけ見て買わず、鼻緒を調節できる草履かどうかを見て購入したいと思います。

 

・履物は、鼻緒を調節できるものを購入するべし

・履物屋さんで鼻緒を調節してもらうべし

 

※ゴム底の草履も、雨に強いという長所がありますよ。