読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から始める着物のある暮らし

自由に、からだがよろこぶ、着物のくらし

デニム着物の落とし穴

デニム着物を買い足しました。

 

初めに買ったデニム着物はインディゴブルーで、どんな帯にもあわせやすく、縫製は粗いけれど、丈夫で洗濯に強い。

 

とても気に入っていったので、もう1着購入することにしたのです。

 

2着目はピンクのデニム着物にしました。

セール品で海外縫製ですが、生地は日本製。1着目より定価は高く、少し上等品なのかな…と期待しました。

 

注文して数日で到着。

身丈163センチで裄68センチのよくあるLサイズのプレタ着物ですが、着てみると、なぜか大きすぎる感じがしました。

生地が張りがあって硬いせいだと思います。

 

糊がついてるのかも…と思い、何度か洗って干しました。多少柔らかくなりましたが、やはり大きすぎてごわつく感じがします。

タグ綿100パーセントとありますが、なんとなくストレッチがきいていて、静電気も起きやすく、しっくりきません。

 

1着目のデニム着物は、厚手の生地でも柔らかくて、すぐに馴染んだのですが…。

 

一口にデニムといっても、特徴が異なるのですね。

値段に飛びつかず、吟味して買うべきでした。

 

どうにか小さくしたくて、その2着目のピンクの着物を乾燥機にかけてみました。(荒技!)

 

羽織ってみると、よい感じに身幅が縮んでいます。成功!…と思いきや、なんと身丈が10センチ近くも縮んでしまいました!

デニムに限らず、木綿は生地によって縮みやすい性質なんですね。

これぞ、デニム着物の落とし穴。

 

身丈が短すぎて、高身長の私ではちょうどよい長さのおはしょりが取れません。

アイロンをかけて伸ばして、どうにか着られる丈になりました。

 

何度か着ていくうちに、生地が柔らかく体に馴染んでくれるといいな…。